植物と動物の両方の栄養素を兼ね備えたユーグレナは未来型の新栄養素として注目を浴びています。

ミドリムシ18
ユーグレナはワカメや昆布と同じ藻類の一種で、植物と動物の両方の特徴を持ち合わせています。二酸化炭素を大量に用いて光合成をするため地球温暖化防止に役立ち、また私達人間が食べる食料やバイオ燃料、また家畜のえさなど様々な用途にも使用され、地球にやさしい持続可能な社会を生み出すものとして注目されています。ユーグレナの優れた効果について

 

植物だけでなく、肉や魚のもつ栄養素も含まれているので、発展途上国の抱えている栄養不足や貧困を解決する新たな栄養素として国際社会も動き始めています。また14種類のビタミンと9種類のミネラル、アミノ酸等を含有し、バランスのとれた食生活を送る手助けをしてくれます。そしてユーグレナは野菜がもつ特有の細胞壁をもたないので、野菜より消化、吸収がよく、効率よく栄耀素を体内に吸収してくれます。
ミドリムシ19

実際にユーグレナを飲用した人の中には、これまでより体が楽に動けるようになった、年齢に負けない体を維持することができるようになった、便秘か改善された、肌がきれいになった等、様々なメリットを実感している人もいます。

ユーグレナは青汁とよく比較されますが、青汁より植物くささがなく、水で割っただけでも飲みやすく続けやすいという評判です。なかでも肉や魚に含まれている栄養をも一緒に摂取することができるので、わざわざ食事の中に肉や魚を取り入れるといった手間が省けるのでとても効率よく栄耀素を摂取できます。
ミドリムシ20
ユーグレナはミネラル豊富な水と自然に恵まれた石垣島で培養され、開発を志した社長自らが発展途上国を訪れた時に強く感じた子供たちの栄養不足や貧困問題を解決すべく研究開発された自然の生み出す栄養素です。徹底された品質管理のもとに生産され、石垣島内のスポーツ支援や教育支援を行うほか、石垣島への観光誘致や島の経済発展にも力を注いでいます。